あなたの街の法律相談

● 相続・遺言

相続・遺言

souzoku

【相続手続きの流れ】
相続に関する手続きは、概ね次のような流れとなります。
① 相続人の確定(相続人の調査)
相続手続では、まず被相続人(故人)の相続人を確定して、相続関係を把握する必要があります。
そのためには、被相続人の戸籍謄本を取り寄せなければなりません。これには、「被相続人の出生から死亡に至るまでの戸籍謄本」が必要となります。
人が生まれてから亡くなるまでの間には、結婚して新しく戸籍が作られる場合や、転籍する場合など、戸籍の移動がある場合が多く、また法改正によって戸籍の書き換えが行われる場合もあります。
集めた戸籍を確認し、誰が相続人になるかを特定しなければなりません。集める戸籍謄本が数通で済む場合もありますが、相続人が多数いる場合や、代襲相続が発生している場合など、膨大な数の戸籍謄本が必要な場合もあります。
② 相続財産の確定
遺産分割協議の前提として、被相続人の遺産を確定させます。
預貯金等の金融機関での調査や、土地・建物など不動産に係る法務局等での確認作業を通じて、被相続人がどのような財産を所有していたのかをできるだけ詳しく把握する必要があります。
調査・確認が終了したら、「財産目録」を作成します。これを基に遺産分割や相続税の有無等の判断材料とすることができます。
ただし、相続財産には、現預金・不動産などのプラス財産だけでなく、借金などのマイナス財産も含まれますので、注意が必要です。
③ 遺産分割協議書の作成
各種調査により相続人が確定し、相続財産の範囲が明らかとなったら、その後、相続人全員による会議を開いて遺産分割の協議をします。
法律上は、相続人の取得する割合は決まっていますが、当事者間の話し合いで、「誰が」「どのような割合で」財産を取得するのか決めることができます。
分割案について各相続人の合意ができたら、「遺産分割協議書」を作成します。
遺産分割協議書は、不動産をはじめ、預貯金等の名義変更の際には提出を求められる重要な書類です。

Copyright © 下原行政書士事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.