あなたの街の法律相談

● 古物商許可申請

古物商許可申請

【古物商とは】
古物の売買等(古物営業)には、盗品等の混入のおそれがあるため、古物営業法に基づき都道府県ごとに許可を得なければ営むことができません。
古物営業の許可申請をして、許可を受けた者を「古物商」といいます。

【古物市場主とは】
古物市場とは古物商間での古物の売買、交換するための市場をいいます。
古物市場を営むため、公安委員会から営業の許可を受けた者を「古物市場主」といいます。

【古物競りあっせん業者とは】
古物競りあっせん業(インターネット・オークション)とは、インターネットを利用して、古物を売却しようとする者と買い受けようとする者との間でオークション(競り)が行われるシステムを提供する営業のことをいいます。
インターネット・オークションを営む者を「古物競りあっせん業者」といい、公安委員会への届出が義務付けられています

【古物とは】
一度使用された物品や、新品でも使用のため取引された物品、及びこれらのものに幾分の手入れをした物品を「古物」といいます。
古物は、古物営業法施行規則により、次の13品目に分類されます。
① 美術品類
② 衣類
③ 時計・宝飾品類
④ 自動車
⑤ 自動二輪車及び原動機付自転車
⑥ 自転車類
⑦ 写真機類
⑧ 事務機器類
⑨ 機械工具類
⑩ 道具類
⑪ 皮革・ゴム製品類
⑫ 書籍
⑬ 金券類

【許可申請の窓口】

古物商の許可は、営業所を管轄する公安委員会から取得することになります。
複数の都道府県に営業所がある場合には、都道府県ごとに許可が必要となります。

【許可を受けられない場合】
次に該当する方は、許可を受けられません。
① 成年後見人、被保佐人又は破産者で復権を得ない者
② 禁錮以上の刑、又は特定の犯罪により罰金の刑に処せられ、5年を経過しない者
③ 住居の定まらない者
④ 古物営業の許可を取り消されてから、5年を経過しない者
⑤ 営業に関して成年者と同一の能力を有しない未成年者

Copyright © 下原行政書士事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.